自己防衛も必要な世界である不動産売却で悪徳不動産業者に引っかからないために…

不動産売却をするとき、多くの「気を付けなければいけないポイント」というものが存在します。
中でも最高レベルで気を付けておきたいのが、悪徳不動産業者を利用しないということ。 不動産売却をするとなれば、多くの不動産業者を比較していくことになりますが、その比較対象の中にしれっと入っている場合があります。

悪徳業者側から言えばバレてはいけないため、まずはどのようにして自然に比較対象に入っていくかが重要なわけですね。
つまり、狡猾に分かりにくくしているため、どうしても比較対象に入ってしまう場合があるわけです。

しかし、ご安心下さい。 今回は、このような悪徳不動産業者を見破る簡単な方法を紹介しておきたいと思います。
100%防げるわけではありませんが、かなりの効果は得ることができるため、ぜひとも実践して欲しいと思います。

■免許制のため免許提示を求める

実は、不動産売却を行うためには公的に発行されている免許が必要となります。
それが宅地建物取引業と呼ばれる法律なのです。 国土交通省より発行されており、売買時には必ず必要となるため、悪徳業者の判断をするときには、手っ取り早い方法と言えるでしょう。

もし提示出来ない場合は、真っ先に比較対象から抹消しても良いかと思います。 ちなみに、この提示と合わせて行いたいのが売買実績。 こちらも重要なチェック対象となるため、担当者などにしつこく実績について質問をしてみるとよいかと。